ブログ

WordPress ブログの作り方【事前に必要なもの】

簡単な自己紹介

  • 通信制御から一般的なWebシステムまでを実務で体験
  • プログラミングから要件定義までを実施
  • C、C++、JAVA、PHP、ruby、python、Perl、javascript、HTML、CSS、VBAなどを扱えます
  • 自分で環境構築できるくらいのインフラスキルもあり

解決するお悩み

  • ブログを始めたいけど、何から始めていいのかわからない
  • そもそもブログの構成ってどうなっているの?

ブログに興味を持っていて始めたいけど、ブログを作成するために何が必要なのかわからない人も多いと思います。

そんな疑問、悩みを解決するためのエンジニア視点で書いた記事です。

ブログを始めるためには

まず最初にブログとはどのようなものなのかを簡単に説明します。

ブログとは?

ブログ(weblog)(ブログサイト)とは、Web上に記録するという意味となります。

ノウハウや日記を公開し他の人の悩みを解決したり、意見をもらうことができます。

副業ブームで「You Tube」、「クラウドソーシング」などをよく聞くことがあるかと思いますが「ブログ」も努力次第で副収入源となる可能性があり低リスクで誰でも始められるため以前から注目を浴びています。

簡単に始められる無料ブログサイトの作り方

大きな収益などを検討していない方、趣味程度で始めたい方であれば企業が運営している無料ブログサイトを使うと良いでしょう。

いくつか無料ブログサイトを挙げますので参考にしていただければと思います。

アフェリエイト収益を目的とした副業に最適 ブログサイトの作り方

アフィリエイト(広告)収益を目的としたブログサイト構築を考えている方には、こちらの方法をおすすめします。ただし、あとで解説しますが初期費用、運用費用が発生します。

■ ブログサイトを作るための構成

■ ブログサイトの仕組み

ユーザーがブログサイトに訪れる仕組みは下記のようになっています。

ブログを始めるために、最低限必要なもの

今までの説明でブログサイトを開設するために事前に準備するものが見えてきたと思います。

では、どのように準備、調達すれば良いか説明していきます。

 最低限必要なもの一覧

  • レンタルサーバー
  • CMS(WordPressなど)
  • テーマ
  • ドメイン

レンタルサーバー

エンジニアの方ならAWS(Amazon Web Services)などでも良いですが、初心者の方は視覚的にわかりやすくて操作できるレンタルサーバーを借りて運用しましょう。

下記にレンタルサーバー業者をまとめましたので、自分にあったサーバーを選びましょう。
参考:本ブログは、「mixhost」を選びました。

エックスサーバー

xserver

エックスサーバー国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

トップブロガー達もエックスサーバーを愛用している人が多いです。

 料金プラン(参考) ※2020/1/26時点

プラン 初期費用 月額料金 無料期間 容量
X10プラン 3,000円 900円〜 10日間 200G

 

エックスサーバー 公式サイトはこちらから

mixhost

mixhost

mixhostは、表示速度などの機能性にすぐれた高性能なレンタルサーバーです

 料金プラン(参考) ※2020/1/26時点

プラン 初期費用 月額料金 無料期間 容量
スタンダード 無料 880円〜 10日間 250G

mixhostを使用する予定の方は、下記記事に申し込み方法を記載していますので参考にしてもらえればと思います。

https://masaokkun.com/server-mixhost/

 

mixhost 公式サイトはこちらから

ロリポップ

lolipop

ロリポップ初心者向けの安価なレンタルサーバーです

 料金プラン(参考) ※2020/1/26時点

プラン 初期費用 月額料金 無料期間 容量
スタンダード 1,500円 500円〜 10日間 120G

 

ロリポップ!の申し込みはこちらから

CMS

最近ですとWordPress(WP)/MovableType(MT)の2択となりますがメリット、デメリットを理解し選びましょう。
初心者の方はWPがおすすめです。
参考:本ブログは「WordPress」で構築しています。

WordPress(ワードプレス)(無料)

wordpress

 メリット

  • 無料で使える
  • 追加機能(プラグイン)が豊富
  • 利用者が多いためWordPressに関する情報が豊富
  • 視覚的にわかりやすい画面
  • レンタルサーバーを借りれば、WordPressを簡単にインストールできる

 デメリット

  • 脆弱性(セキュリティの落とし穴)が存在するため、対策が必要

mixhostを使う予定の方には、下記の記事でインストール方法を書いていますので参考にしていただければと思います。

【画像で解説】mixhostでWordPressをインストールする方法

 

WordPress 公式サイトはこちらから

 

MovableType(90,000円〜)(参考:wordpress以外のCMS)

MovableType

 メリット

  • ブログサイトへのアクセス負荷に強い
  • 問い合わせ先が明確で安心できる

 デメリット

  • 商用利用は有償で、カスタマイズにも費用がかかる
  • 記事投稿画面が重い

 

MovableType 公式サイトはこちらから

 

ワードプレス(WordPress)用テーマ

WordPressを使用する場合は、SEO対策、スマホ対応がされているテーマを使用しましょう。
金銭的に余裕があれば有料をおすすめします。

参考:本サイトは「cocoon」をベースに、PHP言語、CSSでカスタマイズして使用してます。

cocoon(無料)

cocoon

 

cocoon公式サイトはこちらから

LIQUID PRESS(3,600円〜)

 

WordPressテーマならLIQUID PRESS 公式サイトはこちらから

ザ・トール(14,800円〜)

 

【THE THOR(ザ・トール)】 公式サイトはこちらから

ストリーティスト(14,300円〜)



 

STREETIST 公式サイトこちらから

ドメイン

独自ドメインで運営しているサイトは信頼性が高くなります。

ブログ運営をする上で必須事項のため、下記サイトから取得しましょう。

参考:本サイトのドメインは「お名前.com」で取得しています。

お名前.com

onamae-com

 料金(参考) ※2020/1/26時点

.com .net .jp .work .xyz .site .tokyo .inc
760円 899円 1,160円〜 1円 25円 50円 50円 97,900円

 

お名前.comの申し込みはこちらから

ムームードメイン

muumuudomain

 料金(参考) ※2020/1/26時点

.com .net .co.jp .jp .tokyo .site .inc
1,160円 799円 3,980円 2,980円 45円 89円 98,000円

 

ムームードメインの申し込みはこちらから

参考:ブログサイトを構築、運用するための費用

ブログ開設から運用にかけて下記のような費用が発生します。

ただし、低コストのため先行投資と考え是非ともブログ開設の事前準備を行なっていきましょう。

初期費用

サーバー代 + ドメイン代
※ 有料のCMS、テーマを使用する場合は+CMS費用+テーマ費用

運用費用

サーバー代

さいごに

事前必要なものが揃ったら早速ブログサイトを作っていきましょう。

具体的なブログサイトの構築方法は、別の記事に書こうと思いますのでそちらを参照いただければと思います。

-ブログ

© 2020 Masa Blog