プログラミング

今流行りのおすすめプログラミングスクール4選【未経験からIT業界へ】

 

  • スキルアップのためプログラミングを覚えてIT業界に転職したい
  • プログラミング出来ないけど、独学は難しそうだからスクールに通いたい
  • プログラミングスクールっていったどんな感じなんだろう
  • おすすめのプログラミングスクールは?


こんなお悩みを解決する手助けを行うためにこの記事を書きました。

 

プログラミングスクールとは?

 

2020年からプログラミング教育が義務教育に組み込まれることをご存知でしょうか。
国もプログラミングの重要性、そして課題を認識し始めました。

今注目されている低速遅延を実現でき4Gの何倍もの速さでデータ処理を行える5G、モノとモノがインターネットを仲介し繋がるIoTなどIT技術は加速していく一方で課題となっている

IT人材不足

ますますIT人材の需要が増えてきます

その需要の波に乗るためには新しい技術やプログラミング言語を学ぶ必要性があります。プログラミングスクールとは次に来る時代の波に乗り続けるために、必要とされるプログラミングなどの技術を講座形式で受講ができる学校です。

受講している方はスキルアップのために、副業のために通っている方やプログラミング自体に興味があり通っている方など様々です。

では、さっそくプログラミングスクールについて解説していきます。

 

プログラミング習得にかかる期間(目安)

 

3ヶ月~6ヶ月(300~600時間程度)でエンジニアとして就職ためのスキル、自作アプリケーション開発が出来るスキルが身に付きます。

 

受講スタイル

通学コース

現役エンジニアのインストラクターから直接指導を受けることができるため、じっくりプログラミングと向き合いノウハウを身につけることができます。

 

オンラインコース

Web上での学習となり自分の予定に合わせ受講することができます。
実習に関しては基本的に通学コースと同じです。

 

料金

 

目指すスキルによって変わるが目安として30万から60万は必要になります。

 

プログラミングスクールに通うメリット 3選

 

プログラミングスクールに通うメリットは沢山あるのですが、3つほどあげて解説します。

 

メリット

  • 効率的にプログラミングを習得可能
  • 就職、転職のサポートがある
  • モチベーション維持が可能

 

効率的にプログラミングを習得可能

 

プログラミングを行うための環境が整っているためすぐにプログラミング学習が行えます

また、わからないことがあればインストラクターに直接聞くことですぐに解決でき、挫折しにくいです。

独学の場合、自分で調べるという点で膨大な時間を費やすという点がデメリットになります。

 

就職、転職のサポートがある

 

企業とコネクションを持っているプログラミングスクールを選ぶことで、全カリキュラム受講後就職、転職サポートをしてくれます。

具体的には就職先を紹介し、面談調整などをしてくれます。

スクール側は企業から紹介料をもらうことができ、受講生は転職先が決まるというスクール、受講生ともに大きなメリットになります。

また、未経験からの就職、転職である場合このサポートがあるだけで就職率がだいぶ違います

 

モチベーション維持が可能

 

同じ目標を持った同志と出会え、刺激しあえるためモチベーション維持ができます。

また、人脈も増え情報交換ができるというメリットもあります。

 

プログラミングスクールに通うデメリット 3選

 

メリットがある反面、デメリットも存在します。こちらも3つあげましたので解説します。

 

デメリット

  • 受講費用が発生する
  • 通学時間、交通費がかかる
  • スキル習得は結局自分次第

受講費用が発生する

 

教えてもらう=対価を払うということなのでどうしても高い受講費用が発生します。

転職、就職前提であれば無料のプログラミングスクールでも良いかもしれません。

ただし、転職、就職したくないというリスクも考えられるため受講費用は自分への先行投資として考え、有料のプログラミングスクールをおすすめします。

 

通学時間、交通費がかかる

 

通学コースを選んだ場合、通うために時間がかかります

社会人の方には通学時間の確保が別途必要となります。スケジュール管理をしっかり行い受講しましょう。また、通学費も発生しますのでお金の確保もしておきましょう。

 

スキル習得は結局自分次第

 

あくまでも学習効率を高めるためのプログラミングスクールです。

スキルを身につけることができるかは自分次第です。

高い受講料を払っているのだから、予習復習をしっかり行い確実に技術を習得しましょう。

 

プログラミングスクールに通う前の事前準備 3選

 

高い受講料を払って行くからには、確実に技術を身に付けたいですよね。

そこで、受講前に事前に準備したほうが良いと考えている事項を3つあげ解説します。

 

事前準備一覧

  • 無料体験、無料相談を受ける
  • 事前に勉強しておく
  • 学びたい言語を選んでおく

 

無料体験、無料相談を受ける

 

無料体験、無料相談でスクールの雰囲気を事前に掴みましょう

やはり、合う合わないは人それぞれです

せっかくお金を払うので複数スクールを比較し自分にあったスクールを選ぶことをおすすめします。

 

事前に勉強しておく

 

HTMLやCSSといったWebアプリケーションで採用されている技術は最低限押さえておきましょう

少しでも学習して受講することにより技術の習得度が格段に上がります

完璧にする必要はありません、何となくこんな感じなんだなという感覚だけ掴むだけでも全然違うと思うので、ぜひとも事前に勉強してから受講しましょう。

 

学びたい言語を選んでおく

 

Java/PHP/Pythonなどなど様々な言語がり、アプリケーションに採用されているプログラミング言語も様々です。

たとえばAIは機械学習に強いPython、WebアプリケーションならPHP、スマートフォンアプリ(Android)ならJava。自分が作りたいアプリケーション、学びたい言語を明確に決めておきましょう

 

おすすめのプログラミングスクール 4選

 

プログラミングスクールをいくつかチョイスして載せました。
ぜひ複数スクールの無料体験を受講してみましょう。

また、自分にあったスクールがあったらプログラミング講座を受講してみましょう。

 

DMM WEBCAMP

 

「DMM WEBCAMP」は3か月カリキュラムでエンジニアに転職できる好評のプログラミングスクールです。

転職成功率98%で3か月のカリキュラム後に転職活動を行い、転職できない場合、全額返金という転職保証があるという点でとても魅力的です。

 

スクール概要

項目内容
コース/習得スキル【Webデザイン】
・HTML

CSS
JavaScript
【プログラミング】
Ruby
Ruby on Rails
受講料金15,500~/月(税別)
受講形態スクール
オンライン
スクール開催場所・関東(渋谷/新宿)
・関西(大阪(難波))
就職のサポート・転職できない場合、全額返金
・専属キャリアアドバイザーが面談・セミナーを実施
・受講生にマッチする企業の紹介
・書類・面接対策の実施
・転職後3年目までキャリアサポート

 

DMM WEBCAMP 公式サイトはこちらから

 

TECH::CAMP

 

TECH::CAMPは、短期間でもプログラミングなどITテクノロジーをマスターできる人材育成プログラミングスクールです。

コース内容としてはWEB、スマホアプリ、AIなど最先端のITテクノロジーとデザインがあるため幅広く学ぶことができるお勧めのスクールの1つです。

 

スクール概要

項目内容
コース/習得スキル【Webサービス開発/オリジナルサービス開発】
HTML
CSS
JavaScript
Ruby on Rails、
SQL
Git管理
インフラ構築
【AI(人工知能)入門/AIアプリ開発(応用)】
Python
データ解析
【デザイン】
Illustrator
PhotoShop
受講料金・19,800円(初月無料)
・入会費用:19,800円
受講形態スクール
オンライン
スクール開催場所・関東(渋谷新太宗ビル/新宿/池袋/東京大手町)
・中部(名古屋駅前)
・近畿(梅田)
就職のサポート・未経験から企業で活躍できるエンジニアまで
 成長できるプログラ「TECH::EXPERT」が存在する
・3ヶ月以内に内定が出なかった場合、
 受講料全額返金する転職保証が存在する

 

TECH::CAMP 公式サイトはこちらから

 

TechAcademy(オンライン)

TechAcademy

出展:https://techacademy.jp/

 

「TechAcademy」は、プログラミング、アプリ開発などを学べるオンラインスクールです。

現役エンジニアによるマンツーマンメンタリングで、実践的なスキルを習得することが可能です。

 

 スクール概要

項目内容
コース/習得スキル【Webアプリケーションコース】
・Ruby/Ruby on Rails
・Git/GitHub
・HTML5/CSS3
・Bootstrap
・SQL
・Heroku
【PHP/Laravelコース】
・PHP/Laravel
・Git/GitHub
・HTML5/CSS3
・Bootstrap
・SQL
・Heroku
【フロントエンドコース】
・HTML5/CSS3
・JavaScript/jQuery
・Bootstrap
・Web API
・Firebase
・サーバー
【WordPressコース】
・WordPress
・HTML5/CSS3
・PHP
・サーバー
【iPhoneアプリコース】
・Swift
・Xcode
・Git/GitHub
・Firebase
【Androidアプリコース】
・Java
・Android Studio
・Git/GitHub
・Firebase
【Unityコース】
・Unity
・C#
・Git/GitHub
【はじめてのプログラミングコース】
・HTML/CSS
・PHP
・データベース
・プログラムへの理解
・インターネットへの理解
・開発フローと業種への理解
【ブロックチェーンコース】
・ブロックチェーン技術の基礎
・仮想通貨の仕組みの理解
・セキュリティについて
・ブロックチェーンの活用方法
【スマートコントラクトコース】
・Geth(Ethereumクライアント)
・Solidity
・ブロックチェーン技術の理解
【AIコース】
・Python
・Pandas
・scikit-learn
・Keras
・TensorFlow
【Pythonコース】
・Python
・機械学習
【Scalaコース】
・Scala
・Play Framework
・HTML5/CSS3
・Bootstrap
・SQL
・Git/GitHub
【Node.jsコース】
・Node.js
・Express
・HTML5/CSS3
受講料金・99,000円〜
受講形態・オンライン
スクール開催場所-
就職のサポート・全コース対応
・卒業後2つの転職支援コースが存在

(テックアカデミーキャリア/テックアカデミー転職保証コース)

 

TechAcademy 公式サイトはこちらから

 

CodeCamp(オンライン)

 

「CodeCamp」は、デザインからプログラミングまで多くのコースが存在するオンラインマンツーマン個人レッスンのスクールです。

空いた時間を使い、好きな場所で現役エンジニアの講師と1対1のマンツーマンで学べます。

 

スクール概要

項目内容
コース/習得スキル【Webマスターコース】
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・PHP
・MySQL
【Rubyマスターコース】
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・Ruby on Rails
・Ruby
【Javaマスターコース】
・Java
【デザインマスターコース】
・HTML/CSS
・Illustrator
・Photoshop
・JavaScript/jQuery
・Bootstrap
【アプリマスターコース】
・Javaz(Android)
・Swift(iPhone)
【Pythonデータサイエンスコース】
・データ収集
・データ加工
・モデル構築
【WordPressコース】
・WordPress
受講料金・148,000円(税抜)〜
・入学金:30,000(税抜)
受講形態オンライン
スクール開催場所-
就職のサポート・専門家による転職、キャリア支援が存在する
・キャリア実現お祝い制度(3,000円)などが存在する

 

CodeCamp 公式サイトはこちらから

 

まとめ

 

おすすめプログラミングスクールのおさらいです。

 

おすすめプログラミングスクール一覧

  • DMM WEBCAMP
  • TECH::CAMP
  • TechAcademy(オンライン)
  • CodeCamp(オンライン)

 

冒頭でも書きましたがIT人材の需要は確実に増えてきます。

IT技術も日々進化しているため、スクールに通いプログラミングなどの技術を習得しIT時代の波に乗りスキルアップしていきましょう。

 

 

-プログラミング

© 2020 Masa Blog