プログラミング

【2020年】子供・小学生のプログラミング教室(塾) おすすめ5選

children-school


  • 義務教育化するプログラミングを子供に覚えさせたいけどどうすればいい?
  • プログラミング教室があるって聞いたけど、一体どんな感じなんだろう?
  • おすすめのプログラミング教室って一体どんな教室?選ぶ基準は?


こんなお悩みを解決するため、子供・小学生のプログラミング教室(塾)について解説していきます。

 

子供・小学生のプログラミング教室(塾)とは?

 

子供・小学生向けに簡単なプログラミングを教えてくれる教室(塾)です。

英会話教室(塾)や音楽教室といった習い事のプログラミング版と考えていただければ問題ないです。

GMOメディア株式会社、株式会社船井総合研究所が共同で行った「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」によれば 2020年からの「小学校プログラミング教育必須化」の影響を大きく受け成長が見込める分野として注目されています。

また、2019年の市場規模は約114億、2018年の市場規模91億と比較して約20%以上の増加が見込める市場です。また、この傾向から5年後の2024年には約257億となり2019年と比較して約2.3倍にまで成長すると予測しています 。

 

出典:GMOメディア株式会社

 

子供・小学生向けプログラミング教室(塾)の種類

 

プログラミング教室(塾)の種類

  • ロボット・プログラミング教室(塾)
  • プログラミング教室(塾)

 

ロボット・プログラミング教室(塾)

 

ロボット制作を行うためのプログラミングを学習します。

ロボットがイメージ通りの動きをするよう様々なプログラミング を行っていきます。

AIIoT自動運転などの新しい技術に繋がるスキルを身につけることが可能です。

 

プログラミング教室(塾)

 

パソコンを使ってゲームやアニメーションの作成を行うためのプログラミングを学習します。

画面上でゲームのキャラクターをデザインしたり、動かしたりするため様々なプログラミングを行っていきます。

WEBデザインWEBアプリケーションといった技術に繋がるスキルを身につけることが可能です。

 

各教室のメリット、デメリット

 

各教室のメリット

教室 メリット
ロボット・プログラミング教室(塾) ・子供が好きなロボットを使うため、プログラミングに取り掛かりやすい
・自分が作成したモノがを動かすことで、直感的に理解しやすい
・IoT、自動運転などの総合的なスキル基礎が身につく
プログラミング教室(塾) ・パソコンスキル、論理的思考が身につく
・WEBデザイン、プログラマーとしてのスキルを磨くことが可能
・システムエンジニア、プログラマーといったIT業界、職種に進めるので就職に有利

 

各教室のデメリット

教室 メリット
ロボット・プログラミング教室(塾) ・ロボット購入が必要な場合、費用が高くなる
・ゲーム、一般的なアプリを作るわけではない
・モノ作りに興味がないと楽しめない
プログラミング教室(塾) ・パソコンスキルも必要とするため、ハードルが高い
・パソコン内で処理するだけでなので理解しにくい
プログラミングの知識だけしか身につかない

 

プログラミング教室(塾)が注目を浴び始めた理由  3選

 

注目を浴び始めた理由

  • IT人材教育の重要性
  • プログラミングが義務教育で必須項目化
  • 今後の大学入学試験に影響がある

 

IT人材教育の重要性

 

プログラミング教室(塾)が増加している理由としては、「IT人材不足」が背景にあります。

IPA(情報処理推進機構)や経済産業省の調査をもとに、プログラマーの現在の需要について解説します。
IPAの「IT人材白書2019」(※1)によると、IT人材の需要状況について2018年度調査結果では「大幅に不足している」割合が1.8ポイント上昇していると報じられています。

経済産業省の「IT人材需給に関する調査(※2)」によっても人材不足すると試算されています。プログラマーを含めたIT人材は2020年以降も高い需要がある状況と判断できます。

経済産業省はIT人材を「我が国産業の成長にとって重要な役割を担う」と捉えており、IT人材不足を避けるため、子供の頃からプログラミングができる環境を提供しIT人材の育成に力を入れ始めています。

※1 IPA「IT人材白書2018
※2 経済産業省「IT人材需給に関する調査

 

プログラミングが義務教育で必須項目化

 

2020年以降の高い需要に備えIT人材不足を改善するために、子供たちへの指導が必要となります。

そのため2020年度の義務教育、小学校でのプログラミング教育が必修化されました。

また、2021年には中学校のプログラミング教育も必修化されます。

 

今後の大学入学試験に影響がある

 

文科省は2024年度実施の大学入学試験 大学入学共通テスト(現センター試験)から、プログラミング教育を反映させた「情報I」を出題教科として加える検討をしています。

つまり、2020年の現時点で考えると14歳以下の子供達の入試に影響を与えることになります。

またテスト全体としても従来のマークシート式問題を見直し、思考力判断力表現力を重視した問題にシフトすることも検討されており、プログラミングを学ぶ中で養えると考えています。

 

プログラミング教室(塾)を選ぶ時の基準 3選

 

教室(塾)を選ぶ時の基準

  • 子供の好奇心を掻き立てられるか、楽しく学ぶことができるか
  • 目的に合っているか
  • 時間、価格は想定内か

 

子供の好奇心を掻き立てられるか、楽しく学ぶことができるか

 

子供が好奇心を抱き、楽しくプログラミングを学べる教室を選びましょう。

楽しめない内容ですとプログラミングに対し苦手意識を抱いてしまい、将来的にトラウマとなってしまう可能性があります。

そのため、この点を1番重要視しましょう。

以下の点を踏まえて教室を選ぶと良いです。

楽しく学べる教室のポイント

  • 少人数で学べる
  • 子供のスキルにあった教室が存在する
  • 事前に体験教室が可能
  • プログラミングの基礎が学べる

 

子供が学びたい内容に合っているか

 

子供が学びたい内容をもとに教室を選びましょう。

ロボット・プログラミング教室(塾)がおすすめです。

子供としては目に見える形で体験した方が理解しやすいという点と何よりロボットが好きな子が多いからです。

子供が興味を抱く分野を選ぶことで継続も出来ます。

もしも、プログラミングをすでに勉強している子であればプログラミング教室(塾)でも良いと思います。

 

時間、価格は想定内か

 

スクールの時間、価格が想定内かが重要です。

教室を通う上で入会金/授業料/教材費などの費用がかかってきます。

あくまでも教育ですので家計とのバランスを考慮し選びましょう。

また、子供には学校がありますので通える範囲かつ明日の学校に影響ない時間帯を選べる教室にしましょう。

 

おすすめの子供・小学生向けプログラミング教室(塾)  5選

 

Tech Kids school(Tech Kids CAMP)

 

AbemaTV、アメーバブログなどで有名なサイバーエージェントが
手掛ける小学生向けプログラミング教室です。

 

 教室(塾)情報

項目 内容
コース ・プログラミング基礎コース
・iPhoneアプリ開発コース
・Unity(ユニティ)プログラミングコース
・デザイン/プレゼンテーション講座
・短期体験コース(Tech Kids CAMP)
受講料金 ・受講料月額:19,000円(税別)
・教材費月額:2,000円(税別)
・PCレンタル:¥4,000 /月(税別)
スクール開催場所 関東エリア:東京/神奈川/千葉
四国エリア:香川
九州エリア:長崎
沖縄エリア:沖縄
特徴 子供向けの初歩的な内容や「Swift」や「C#」といった本格的な
プログラミング言語も学ぶことができます。
また、オンライン教材や動画、少人数で学習を進めるという点が特徴です。

 

Tech Kids school 公式サイトはこちらから

 

STAR Programming SCHOOL

 

イトーヨーカドー、イオンなどショッピングセンターに構えるプログラミング教室です。

 

教室(塾)情報

項目 内容
コース ・タブレットプログラミングコース
・Scratchプログラミングコース
・ロボットプログラミングコース
・Webプログラミングコース
受講料金 ・入学金:6,000円(税別)
・月額費:2,000円(税別)
・受講料(月謝):8,000円(税別)
 ※Scratchプログラミングコース(個別のみ)
スクール開催場所 関東エリア:東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/茨城
近畿エリア:大阪/兵庫/京都/奈良/滋賀
東海エリア:静岡/愛知
北陸エリア:新潟
中国エリア:広島
四国エリア:徳島
九州エリア:福岡
特徴 振替授業や補講対応、少人数制クラスといった、わからないことがあっても
すぐサポートしてくれる環境が整っている。
大体の教室が週1度通う形式。月額は安めだが、
「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業にも
2期連続選定されており安心感があるという点が特徴です。

 

STAR Programming SCHOOL 公式サイトはこちら

 

LITALICOワンダー

 

就労支援サービス「LITALICOワークス」、ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」などを運営する株式会社LITALICOが運営するIT×ものづくり教室です。

 

 教室(塾)情報

項目 内容
コース ・ゲーム&アプリプログラミングコース
・ゲーム&アプリエキスパートコース
・ロボットクリエイトコース
・ロボットテクニカルコース
・デジタルファブリケーションコース
受講料金 ・入塾金:15,000円(税別)
・授業料(月額)
 月4回:20,000円(税別)
 月2回:12,000円(税別)
 <ゲーム&アプリエキスパートコースのみ>
 月4回:24,000円(税別)
・教材費(月額)
 月4回:2,000円(税別)
 月2回:1,000円(税別)
・教室運営費(月額):2,000円(税別) 
スクール開催場所 関東エリア:東京/神奈川/埼玉
特徴 ゲーム&アプリプログラミングコースは、小学校1年生から高校生までを
対象年齢としたコース。
ロボットテクニカルコースはロボット作成とプログラミングによる制御を
学習する小学校高学年~高校生用のコースがあるという点が特徴です。

 

LITALICOワンダー 公式サイトはこちら

 

アーテックエジソンアカデミー

 

学校などで使用される授業教材の総合メーカー「アーテック」が運営しているプログラミング教室です。

 

教室(塾)情報

項目 内容
コース ・ロボットプログラミングコース(3年目以降エキスパートコース)
受講料金 公式HPには料金表はありません。
料金につきましては教室ごとに異なるようなので、お問い合わせください。
スクール開催場所 フランチャイズもあわせ全国900以上の拠点が存在。
詳細は公式HPで検索してください。
特徴 「アーテック」は2018年に「ものづくり日本大賞特別賞」を
受賞し、次世代人材育成に貢献したと経済産業省から評価された
企業です。
「アーキテックロボ」を導入する小学校は多く、モノづくり自体が
大好きなお子さんにぴったりの教室です。
3年目以降は任意でエキスパートコースに移行する特徴があります。

 

アーテックエジソンアカデミー 公式サイトはこちら

 

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

 

資格講座でおなじみの「ヒューマンアカデミー」が運営しているプログラミング教室です。

 

教室(塾)情報

項目 内容
コース ・ベーシックコース(1年目)
・ミドルコース(2年目)
・アドバンスコース(3年目)
受講料金 ・入会費:10,000円(税別)
・教育費:25,000円(税別)
・月額:9,000円(税別)
・テキスト代:500円(税別)
スクール開催場所 全国にありますので、詳しくは公式HPをご覧ください。
特徴 料金がリーズナブルな点、カリキュラムが1年目(ベーシック)、
2年目(ミドル)3年目(アドバンス)で段階的に学習できる点が
特徴です。

 

こどもプログラミング教室 公式サイトはこちら

 

まとめ

 

おすすめの子供・小学生向けプログラミング教室(塾) のまとめです。

 

おすすめの子供・小学生向けプログラミング教室(塾)

  • Tech Kids school(Tech Kids CAMP)
  • STAR Programming SCHOOL
  • LITALICOワンダー
  • アーテックエジソンアカデミー
  • ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

プログラミング学習を行うのはお子さん達です。

親がどんなに良い条件で選んでも、お子さん達の興味が意味がありません

そのため、各教室で無料体験コースなどを実施していますので是非とも体験してみてお子さんが楽しくプログラミング学習ができるプログラミング教室(塾)を選びましょう。

 

 

-プログラミング

© 2020 Masa Blog